カルティエの指輪はいくらになる?池袋の質屋で査定比較!

閉じる

カルティエの指輪はいくら?池袋の質屋3店で査定比較! » 【品物別】質屋で高く売るためのポイント » 金・18金・プラチナ

金・18金・プラチナ

質屋 金 プラチナ

このページでは、質屋で金やプラチナを高く売る方法を調査しています。

質屋で金やプラチナを高く売るには

低金利が続く現代、金やプラチナなどの貴金属に投資価値を見出す人は増えています。このため、特に金は15年前に比べ、価格が3~4倍になっています。

例え破損していたり、イニシャルが刻まれているアクセサリーでも、一度溶かすことで再生は可能ですから、売却を検討する価値は、大いにあります。

売却のタイミングを計る

金やプラチナには世界共通の価値があるため、その価格は日々変動しています。質屋の査定も、この「日時金価」に左右されています。

質店によっては、公式サイト上に貴金属の「最新リサイクル価格」を掲載しており、その内容もこまめに更新されています。「なるべく高く売りたい」と考えるなら、ユーザーもチェックを怠らず、売却のタイミングを計りましょう。

金種を確認しておく

金やプラチナなどの貴金属には、グレードがあります。以下で一覧にまとめてみました。

純度
K24 99.99%
K23 95.8%
K18 75%
K14 58.5%
K10 41.6%
K9 37.5%
プラチナ 純度
Pt1000 99.95%
Pt950 95%
Pt900 90%
(以下Pt数値が下がるほど、純度も下がる)

例えばK18はK24に比べ「混ぜ物が多い」ということになります。純金以外に何らかの合金が混ぜられているのです。

貴金属として見た時には「純度の高い方が、価値が高い」と思われがちですが、話はそう単純ではありません。

貴金属をアクセサリーとして加工する場合には、ある程度の硬度が必要。ところが金やプラチナは純度が高いほどやわらかく、加工に不向きなのです。K24のアクセサリーは皆無ではないものの数が少なく、K18が主流となっています。またPt1000のプラチナは色が黒いため、アクセサリーに用いられることはありません。

「純度の低いK18だから、高く売れないかも」と気後れする必要はありませんよ。

要注意!金種確認の落とし穴

自身のアクセサリーの純度を計る際、刻印に注目するのが手っ取り早い方法です。しかし「K18の刻印があったから、大丈夫」と安心してしまうと、思わぬ査定額の低さや「買取不能」の結果に驚くことがあります。

理由を聞くと「これは金メッキです」という返答が…。そこでもう一度刻印を見直すと「K18GP」など、意味不明なアルファベットが続いているのです。これは「K18でメッキを張っています」という意味の刻印のため、残念ながら貴金属としての価値は、ほぼありません

売る前にお手入れを

貴金属のアクセサリーは、使用するたびに汚れます。少しでも査定での印象を良くするために、手入れをしておきましょう

まずぬるま湯に台所用中性洗剤を少し溶かし、アクセサリーを浸します。これだけでも汚れは分解されますが、目立つ箇所は歯ブラシなどで優しくこすりましょう。

この方法は、金/プラチナともに有効です。

複数業者に査定してもらう

上記のように、貴金属の価値は「純度×そのアクセサリーが持つ重さ」によって査定されます。

ところが悪質な業者は、知識のなさそうなユーザーに対し、極端に低い査定額を提示することもあるので、要注意!自分自身で算出した査定額と照らし合わせながら、良心的な質屋を探す「粘り」は、より高い売却を実現するために、必要不可欠です。

池袋の質屋で査定対決!

このサイトの管理人:妙齢OL
妙齢OL
妙齢のOL。どうやら編集やら企画やらを生業としているらしい。
結婚まで考えていた彼氏と別れたので、断捨離気分で彼からもらった指輪を手に質屋に突撃。
痛い思い出ではあるが、同時にこれはネタになると思いサイトを作ってみた。
妙齢OLの突撃査定の結果はコチラ