カルティエの指輪はいくらになる?池袋の質屋で査定比較!

閉じる

カルティエの指輪はいくら?池袋の質屋3店で査定比較! » 【品物別】質屋で高く売るためのポイント » 宝石

宝石

質屋 宝石

このページでは、宝石を高く売る方法を調査しています。

質屋で宝石を高く売るには

ダイヤモンドやルビー、エメラルド、そしてサファイアなどの美しい宝石を配したアクセサリーには、大きな魅力があります。しかしその売却は、思うように進まないことが多いもの。実際の行動に移る前に、以下の可能性を知っておいてください。

買値より高くなることはない

宝石類の販売価格には、石や貴金属の値段にプラスして、デザイン費や広告費などが上乗せされていることがほとんど。しかし査定の際に考慮はされないため、どうしても買値を上回りません。

またバブル期に宝石は、実際の価値よりもかなり高く価格付けされていたようです。あまり期待しすぎると「高かったのに、こんな値段でしか売れないなんて…」と失望することになるでしょう。

質屋によって大きな価格差がある

宝石類の査定額には、大きな価格差が生じることがあります。中には100,000円以上という場合も…。どうしてこのような事態が生じてしまうのでしょうか?

専門性が低い

金やプラチナなどの貴金属について専門性が高い業者の場合、宝石を無視して査定することがある。

ダイヤモンド以外の色石は査定が難しい

「4C」という明確な査定基準があるダイヤモンドに比べ、エメラルドなどの色石の査定には、高い専門性が必要とされる。このため、業者によっては買取自体を拒否することも。

せっかくの宝石を安く買い叩かれてしまうようでは、大損。上記のような質屋に売却するのは、何とか避けたいものです。

依頼者が留意すべきポイント

宝石を売却するときに、依頼者が気をつけるべきポイントを紹介します。

宝石の買取に専門性がある業者を選ぶ

「質屋ならどこでも同じ」ではない。宝石買取に専門性があり、鑑定士が在籍している業者を選ぶことが大切

複数業者の査定を受ける

先述の通り宝石買取は、ケースによって100,000円以上の査定額差が生じる可能性あり。1軒目で二束三文でもあきらめず、複数業者を回る粘りが必要

鑑別書を携帯する

エメラルドなど色石の場合、プロでも正確な査定は難しい。そのため、真贋を証明する鑑別書を携帯することで、買取を検討してもらえる可能性が高まる。

できれば洗浄を

質屋へ持ち込む前に、宝石本来の輝きを取り戻すための洗浄を。ただし、石によって適切な方法は異なるので、注意。堅いダイヤモンドなら問題はないが、中には水に弱い宝石などもあるため、間違った洗浄法で石の価値を下げないように。

上記に留意し、少しでも満足度の高い売却を実現してくださいね。

池袋の質屋で査定対決!

このサイトの管理人:妙齢OL
妙齢OL
妙齢のOL。どうやら編集やら企画やらを生業としているらしい。
結婚まで考えていた彼氏と別れたので、断捨離気分で彼からもらった指輪を手に質屋に突撃。
痛い思い出ではあるが、同時にこれはネタになると思いサイトを作ってみた。
妙齢OLの突撃査定の結果はコチラ