カルティエの指輪はいくらになる?池袋の質屋で査定比較!

閉じる

カルティエの指輪はいくら?池袋の質屋3店で査定比較! » 質屋でお金を借りる方法~金利にも注意しましょう~ » カルティエの指輪はいくら?池袋の質屋3店で査定比較!

カルティエの指輪はいくら?池袋の質屋3店で査定比較!

質屋の金利の仕組み、金利に関する注意点、金利を基準にしたときの質屋の選び方などについて解説します。

質屋の金利の仕組み

質屋の金利は、基本的には月利計算で算定されます。借りたお金に対する月ごとの利率が設定されている、ということです。 たとえば何らかのモノを質入れして、月利5%の質屋から10万円のお金を借りたとします。3ヶ月目で、質屋にお金を返したとしましょう。すると金利は次のような計算になります。

借りた10万円に対して、3ヶ月分の金利1万5千円を加算した金額、つまり11万5千円が質屋に入れる合計金額です。

なお、質屋の金利は月9%が上限となっています。

【参考】歴月計算と満月計算

質屋の金利の計算方法には、借りるタイミングと返すタイミングを基準に、歴月計算と満月計算の2種類があります。

歴月計算とは

暦(こよみ)を基準にして1ヶ月分の金利がかかる計算方法。たとえば1月31日にお金を借りた場合、1月には1日しかお金を借りていないにもかかわらず、1ヶ月分の金利がつくというものです。

もし1月31日にお金を借りて2月1日にお金を返した場合、実質は2日しか借りていないにも関わらず、2ヶ月分の金利を支払わなければなりません。

満月計算とは

どの日付で借りたとしても、1ヶ月という期間を基準に金利を計算する方法。1月31日にお金を借りたとしても、実質1ヶ月経たなければ、1ヶ月分の金利はつきません。

なお、世の中にある大半の質屋は歴月計算です。満月計算をしている質屋を見つけることは難しいでしょう。

質屋の金利で気を付けるところ

質屋でお金を借りる際には、質屋による利率の違いや、借入期間の延長などに注意してください。

質屋によって利率は大きく違う

質屋によって利率は大きく違います。また、借り入れ金額によっても、通常は利率が異なります(金額が大きければ大きいほど、利率が低い)。

業者をよく比較し、少しでも利率の低い質屋を選ぶようにしましょう。

借り入れできる期間は原則3ヶ月

質屋にもよりますが、借りたお金は3ヶ月以内に返すことが原則です。3ヶ月を過ぎてもお金を返す見通しがたたなければ、改めて借入期間の延長を申請することになります。借入期間が延長されれば、当然、4ヶ月目以降も金利を払わなければなりません。

もちろん、質流れしても良いものを預けたのであれば、3ヶ月以内に返す必要はなく、また借りたお金を返す必要もありません。

金利を踏まえた質屋の選び方 なるべく金利が低い質屋を選ぶことが基本。あわせて、中には優遇金利キャンペーンを行っている質屋もあるので、各業者をよく比較したうえで業者を選びましょう。

なるべく金利が低い質屋

お金を借りる側としては、当然、少しでも金利の低い業者を選ぶべきです。

上記のとおり、借り入れ金額によって利率が変化することがあるので、業者の公式HPなどをよく比較してみてください。ご自身の条件になるべく有利な利率設定をしている業者を選ぶようにしましょう。

金利のキャンペーンを活用する

質屋によっては、「新規利用者に限り初月利息無料」などの各種キャンペーンを行っている場合があります。

質屋の金利は、決して安くはありません。たとえ1ヶ月分でも優遇金利が適用されるならば、これを利用しない手はないでしょう。

池袋の質屋で査定対決!

このサイトの管理人:妙齢OL
妙齢OL
妙齢のOL。どうやら編集やら企画やらを生業としているらしい。
結婚まで考えていた彼氏と別れたので、断捨離気分で彼からもらった指輪を手に質屋に突撃。
痛い思い出ではあるが、同時にこれはネタになると思いサイトを作ってみた。
妙齢OLの突撃査定の結果はコチラ